お試しできる睡眠サプリがおすすめ

今注目の睡眠サプリはどんな人が飲んでいるのでしょうか?

  • 明日仕事があるのに、起きてしまう
  • 今日もゆっくりと休めないのかと思って、不安になる
  • 横になっても、長時間休むことができない
  • 朝起きてもなんだかスッキリしない
  • もっとグッスリしたい

そんな悩みを抱えている方が男性、女性問わず飲み続けています。

 

じわじわと睡眠サプリを利用する方が増えているのですが、まだ睡眠サプリを飲んでいない人にとってはどの睡眠サプリが自分にとっていいのかわからないという方もいるのではないでしょうか。
睡眠サプリは結構高価ですから、買ってしまった後にどうも自分に合わないとなっても払ったお金を戻ってきません。
そんなリスクを避けるために、まず最初は無料でお試しできるものや通常価格で安い値段でお試しできる睡眠サプリを飲んでみるのもおすすめです。
では、最近人気が出ていてお試し価格で買える睡眠サプリを紹介します。

 

マインドガードDX粒タイプ

  • 朝までしっかりと休める
  • 質の良い休息をサポートするためのサプリ
  • 1日3粒でOK
  • ハーブとノニの力で休息のリズムを整える
  • 初めての方限定お試し価格60%OFF

お試し可能な睡眠サプリ

不眠の悩みにマインドガード ワンランク上の休息を実感

 

北の大地の夢しずく

  • モンドセレクション銀賞受賞
  • 質の高い休息サポート成分をアスパラガスから抽出したサプリ
  • 長期間にわたる研究を経て開発された新感覚の休息サポート飲料
  • 通常価格の10%OFFになるお試しコース有

不眠改善をお試し体験

満足できる休息をサポート

体の内側からあなたの【快眠をサポート】します

 

NEMLINA(ネムリナ)

  • 今話題のテアニンサプリ
  • テアニン、GBBA、クワンソウ、ミルクペプチド、カモミール、パッションフラワーといった休息成分を含有
  • 1日2粒が目安

不眠症サプリを試してみる

夜が不安な方にテアニンサプリ!

 

 

 

 

 

質の良い睡眠とは

自分ではしっかりと睡眠をとったつもりでも、疲れが取れない、どうも疲労感が抜けない。
仕事やレジャーなど現代人は疲れをため込んでいる方が多いのではないでしょうか。
休息と睡眠で疲れを取り除くことができます
身体はもちろん脳の疲れを解消するために、質の良い睡眠はとても大切なのです。
普通、疲労は休息や睡眠、行き届いた栄養成分を通じて復調していきます。このことは、疲れとされる生体アラームを脳が出すために、休息したり睡眠をとったりして疲れすぎを防止するということから、生命を保つために必要なつり合いを取っているとも考えられるでしょう。
だけども、オーバーワークが原因となって絶えず交感神経が緊張状態でいるうちに、疲れを察知し、休養を取るよう指示を出すことになっている脳が動かせなくなってしまうことになり、そのおかげで疲れを感知する感度が低下してしまいます。それらの他にも疲れを貯めてしまいがちです。
脳は身体全体の約おおよそ20パーセントという多くのエネルギーを使い尽くす器官で、情報処理に相当な労力をかけているわけです。何にも増して脳は、目を覚ましている状況ではいつでも仕事していることもあって、睡眠時がただ一つ休めるひとときということです。

 

睡眠不足がもとに起きる体の不調とは
睡眠不足が続くと疲れが取れずに蓄積されてしまいます。注意力が散漫になったり、血圧の上昇や免疫力の低下などが起こりうるのです。

 

質の良い睡眠を得るために

生活の中にリラックスする時間をとることですね。副交感神経を優位にすることで人間はリラックスできます。リラックスできるものを自分で見つけ出すことです。自分がリラックスできることであれば何でもいいのです。
例えば、趣味の時間を定期的に持つとか旅行をしたりとか笑うことも副交感神経を優位にするのに効果テキメンですから、生活の中に笑いの要素を入れるのにはお金がかかりませんから気軽にできるリラックス法ですね。
アロマテラピーやマッサージなどをするのも効果があるでしょう。
また、入浴している時にも人間はリラックスしているので、副交感神経が優位に保たれている状態です。質の良い睡眠を取るために最適な入浴方法は寝る前の30分前にはお風呂から上がるようにすることです。そして温めのお湯にリラックスしながら入るのが快眠につながるようです。

 

睡眠を妨げる行為

ここで質の良い睡眠を妨げてしまう行為にはどんなものがあるのでしょうか。
コーヒーなどカフェイン飲料を飲むこと、寝る前の深酒、そしてスマホやパソコンなどの操作、テレビの視聴も交感神経を優位にさせてしまうのでできるだけ寝る前にこうした行為は慎むことが快眠のコツの一つかと思います。

不眠症サプリのお試し品

 

睡眠を妨げる事柄

「夜、横になってもなかなか眠れない」「夜、睡眠中に目が覚めてしまう」など誰でも一度は経験があるのではないでしょうか。
ただこういった状態が長期にわたり慢性的に続いたり、日常生活に何らかの支障をきたすような状態になるといわゆる不眠症ということになります。
寝つきが悪いとか、なかなか熟睡できない、夜中に目が覚めてしまう、朝早く起きてしまう。等々こういった睡眠の障害は不眠症に区分けされています。不眠症は睡眠障害の一種であるのです。
睡眠障害の中でも不眠症の症状を訴える人が多いので、睡眠の障害のことを不眠症を指して使わているようです。
不眠症つまり睡眠を妨げてい原因にはわかっているだけでもいくつかあります。その原因を取り除いてしまうことで睡眠障がいが改善されるケースもあるようです。

 

不眠症の原因とは

人間の眠りはある種のパターンがあります。多分多くの方はそういったこと自体を考えたことがないでしょうが……、まず人間は脳がつかれると眠くなります。脳が疲れてくると睡魔に襲われるということに関しては人間に備わっている恒常性維持機能という働きが影響しています。ちょっと聞きなれない言葉だと思いますが、つまり体の中の状態を常に正常に保というする働きのことです。日中に様々な活動をして脳に疲れがたまってくると例の恒常性維持機能が作用して脳の疲れを回復させるために眠くなってくるという仕組みです。
そしてもう一つは暗くなると眠くなるということです。よく言われる体内時計というもの働きによるもので朝明るくなると起きて心身ともに活気づき日中の活動を行います。夜になると休息期間に移行していくように人は毎日の生活で自然とそういった体内時計のサイクルに合わせて生活しています。夜眠くなるというのは人にとってはとても自然な欲求でもあるわけです。
人間の体内にあるメラトニンという物質は夜になると分泌され出します。それによって血圧、体温、脈拍が下がってきて眠気を催してきます。その反対に日中はメラトニンの分泌が抑えられて心も肉体も活発な活動を行えるようになるのです。
少し前置きが名がなってしまいましたが、時として体内時計のリズムが乱れが不眠の原因になることがあります。例えば、交代制勤務の方などがそれにあたります、また夜寝る前にスマホやパソコンなど操作することもそうです。もし心当たりがある方はまずは交代制勤務の方が職を変えたりするのは難しいかもしれませんが、それが不眠の原因となっているのであれば、自分のできる範囲で何らかの対応が必要かもしれませんね。夜遅くまでテレビを見たりスマホやパソコンをいじっているようであれば、試しにそういった習慣をやめるようにしてはどうでしょうか。

 

またその他にも、ストレスや心配事や悩みなど精神的な問題で不眠になってしまったり、睡眠環境例えば音、温度その他眠る場所の環境が睡眠に適していない場合などもあります。
それ以外にもカフェインやニコチン、アルコールなどの摂取も睡眠に影響すると考えられています。

 

このように睡眠障害には様々な要因があるということです。
もしご自分で病院を受診する場合は、かかりつけの内科があるのなら、そこの先生に相談してみましょう。必要であればそこで専門医や専門病院を紹介してくれるはずです。

不眠や睡眠をサポートするサプリメント

夜なかなか眠れないなど不眠に悩んでいたり、質の良い睡眠が得られていない方は、サプリメントの利用も考えてみてもよいのではないでしょうか。
ただ、勘違いしないでほしいのはサプリメントは薬ではないので、飲んだからといって不眠症が良くなったり睡眠の質が完璧に改善されるということではありません。普段の食生活で取り切れていない栄養などを補給することで、あくまでも不眠や睡眠をサポートしてくれるものであるという理解の前提の上で活用してください。

 

それでは私たちの不眠など睡眠と深くかかわっている栄養素にはどんなものがあるのかを見ていきましょう。

セントジョーンズワート

ハーブの中まで日本ではセイヨウオトギリソウと名で知られています。
神経伝達物質であるセロトニンの濃度をアップさせる作用があるので、ヨーロッパの一部の国では軽いうつ病の処方薬として利用されているところもあります。また気持ちの興奮を鎮めたり、不安感を和らげたりする作用もあるようなので、睡眠に関しても良い働きがあるのではと考えられているようです。
こちらのサプリの注意点として妊婦さんや飲んではいけないということや持病で薬を飲んでいる場合は、前もって医師に相談しないといけません。

 

バレリアン

不安を抑えたり、スムーズな睡眠をサポートする働きがあると言われています。ドイツでは不眠の改善薬として使われるケースもあるのですが、実際の効果には個人差があります。こちらもセントジョーンズワートと同じく妊娠していたり、赤ちゃんに授乳している方は飲まないようにすることと、薬を飲んでいる方は担当医に必ず相談するようにしましょう。

 

カルシウム

神経の興奮を和らげて気持ちを穏やかにする作用があるとされています。またカルシウムが足りていないと気持ちがイライラしたり眠りの質が悪くなるケースもあるのではと考えられているようです。イラついた気持ちで眠れないという人はカルシウムが補うことよいかもしれませんね。

 

ここで上げたほかにもまだ睡眠をサポートする成分やサプリはありますが、こういった成分のサプリメントを利用する際に注意してほしいことがあります。
それは定められた用法と容量を守ること、さらに規定されている量より多く飲むときには、必ずお医者さんに相談をしてからにするということ。
また睡眠サプリを選ぶ際には信頼できるものを選ぶことです。
薬を服用している場合は、前もって担当の医師にサプリの利用について相談してからにする。
サプリメントは薬ではないので飲んですぐに効果を実感できるものではありませんし、本来は不眠を改善するということよりも快眠するための補助的な役割を果たしているものですから、ある程度の長いスパンで飲み続けることが必要なのです。
睡眠サプリを飲んで何か異常があった場合には直ちにサプリの服用を中止て、医療機関を受診するようにしてください。

 

 

 

睡眠とストレスの関係

過度のストレスから不眠に

質の良い睡眠とストレスは関係していると考えられています。
よく言われているのが、ストレスが原因で不眠症になる。ということです。
それはカラダの自律神経や内分泌系が不眠に関連性があるからなのです。
自律神経は体の様々な働きの調整役を担っています。例えば、呼吸や血圧、発汗や体温保持など眠っている間も含めて24時間私たちが意識するしないにかかわらず働き続けている神経系なのです。
自律神経には交感神経と副交感神経があって、これらが交互に働きあっているのです。
交感神経は活動的な時に優位になって、一方の副交感神経はリッラクス状態になると優位になります。
私たちが過度のストレスを感じると交感神経が高まって呼吸や心拍が上昇したり緊張したりすることで強いストレスに見舞われることになるのです。
ストレスが加わると内分泌系の副腎皮質ホルモンが分泌されることで交感神経が働きだして身体が緊張状態へと変化していきます。
そういう状態になると、夜眠る時間になってもなかなか眠れないといった症状が現れてきます。それだけなく仮に寝不足の状態がある程度の期間続いているとストレスに敏感に反応してしまい、さらに眠れなくなってしまうという悪循環に陥ってしまう場合もあります。
このように強いストレスを感じると人間は睡眠の質が低下してしまうことが分かると思います。

 

普段の生活の中で受けるストレスは主に5つに分けることができます。

物理的なもの

気圧の変化、季節や冷房や暖房などによる暑さや寒さ、騒音、混雑など

 

生物的なもの

花粉、細菌、ウイルスなど。花粉症の人はそのつらい症状がストレスとなってしまうケースもあります。

 

化学的なもの

空気汚染、お酒、タバコ、中毒

 

精神的なもの

離婚や失恋、仕事上など人間関係のトラブル、病気や将来への不安、恐れ、失敗、挫折など日々の生活の中で精神的なストレスにさらされることが非常に多いと言えます。

 

身体的なもの

病気やケガなど

 

いろいろあるストレスの中でも特に精神的なストレスと不眠は随分と関わりあるようです。
つまり精神的なストレスが不眠症の原因の一つとなっているケースもあります。長期にわたって精神的なストレスにさらされていると眠れない日が続いたり、睡眠の質が悪くなってしまいそれに分けをかけるような形で不眠が続いてしまうことになるようです。

 

精神的なストレスによる不眠に対処するには

睡眠には個人差があり、それに加えて季節や年齢によっても違いがあるものなので、何時間以上眠らないと睡眠不足だと勝手に決めないようにしましょう。日中に眠気を感じたりしなければ睡眠が足りていると考えても大丈夫です。

 

サプリでリラックス

眠れないときは、眠らないといけないと気持ちが焦って興奮してしまいさらに眠れなくなってしまうというケースが多々あると思います。そんなときは、気持ちを切り替えるために思い切って布団から起きて本を読んだり音楽を聴いたりとリラックスする時間を取って自然と眠たくなるようにすると眠れるようになること多いです。無理に眠ろうとすると余計に眠れなくなりますから、これは試してみると良いでしょう。

 

このように不眠の対する様々な対処法がありますが、これらをやってもなかなかうまくいかないこともあるでしょうから、そんなときには睡眠サプリの助けを借りてみるのもおすすめです。